うーん…

いやー、記事にすることがない…忙しくてBトレいじるひまもないし、旅行記のT津川警部は出張中やし(笑)


素組みよりやっぱりなんかちょっとは加工したい。しかし道具も揃ってないし、時間と金もない…いまの状況では塗料やパテ買うんやったらBトレ1箱か戦場の絆に行きたいっていうねwww


だからこの場でこれからしたいことをいろいろと考えてみようかと。


阪急2800系って、Bトレにできへんかな。 6300系の先頭車もゴロゴロ余ってることやし、ちょっと想像してみよう。そうしよう(笑)


 非冷房屋根・台車・顔・妻面を阪急2300系から持ってくるとして、クーラー付きは8000系のを…と思いきや、2800はひし形パンタのため載せられません。スペース的な意味で。

まぁそれはクーラーを1個にする加工で十分対応できますが、やはり側面がネックやねぇ…

 6300系は実車もBトレも車端部にドアがあり、2800系は連窓が1つあります。分かりにくい説明なので、ウィキかなにかで画像を見た方がよろしいかと(汗)

 よって乗車位置は普通車とほぼ同じ(3ドア化したらなおさらね)やったんですが、この違いを見逃すか見逃さないかで加工量・技術が大きく変化すると思います。

 スル―する場合、6300をそのまま使用してOKでしょう。 そうでない場合、車端部の連窓を再現するとバランスがかなり変になると思うので、「阪急普通車の真ん中の3枚の窓をくり抜いて、そこに6300の連窓を入れる」のが妥当かと思われますな。やっぱり。


あとは色塗って組み立てて完成! サラっと書きましたがかなり面倒そうやなwww でも「Bトレやと2ドア3ドアの区別がいらへん」ちゅうのはありがたいし、面白いところやと思います。



以上、またまた読みにくい長文でしたが、お付き合いありがとうございました。
[PR]
by junkyu2301 | 2012-05-19 12:45
<< とうとう… Bトレ阪急9300系について >>