まったり山陽3000系・その2

最近、大学から帰って寝る前に模型いじってブログ更新する、っちゅうのが日課になりましたw

ではつづきを。今日は全体的に、少しずつ加工しました。

c0246267_23305262.jpg


まずはいつものように阪神特有の方向幕の撤去から。撤去前を黒マジックで塗ってみました。ひたすら削ります。やり過ぎないように注意しながら…

c0246267_2331278.jpg


続いて屋根。雨樋のモールドを撤去。右側が加工後です。パーツの外枠にあたる部分が無くなったのが分かりますか?地味な作業ですが、見た目の問題に大きくかかわる部分だけに、焦らず、確実に進めていきます。

c0246267_23311353.jpg


前面窓のハメ込み化、今度は中央窓をやりました。なかなかパーツが大きくてかなり削りこみました。苦労の甲斐あって、出来は上々。完成が待ち遠しいですw

これで今日の作業は大体終了。GM板キット、可能性があり過ぎてホンマに楽しいです。まるで「いい酒を毎晩ちょっとずつ飲む」、そんな感じでしょうか(笑)

c0246267_23312217.jpg


ついにノコギリ買いました。いよいよ先頭車の切り継ぎ…か…? 笑


~ここからは"資料&個人的メモ"になります~

今回私が製作している山陽3000系、見た目は同じでも、実車はかなりのグループが存在します。ウィキや書籍などとにらめっこした結果、ようやくどの編成にするか決まりそうです。

ワタクシ工場長の理想…「クリーム色の4連で、クーラーは分散・集中の入り混じったパンタは下枠交差・ひし形のどっちでも良い編成」に対応しているものを探しました。するとあてはまった2編成が存在。


3000系3次車

(三宮)                  (姫路)
      
 3022-3023-3502-3611

 3030-3031-3505-3615

です。3023・3031がパンタ車かつ集中クーラー、他が全て分散クーラーとなっているようです。

全先頭車にはMGが、そして3022・3030にコンプレッサーが搭載されている模様。

パンタグラフはGMのPT43N…にしようと考えています。未だに台車とパンタの形式はよくわかりませんwww

では、また次回。
[PR]
by junkyu2301 | 2013-01-07 23:54 | 山陽
<< 「帰ってきたT津川警部の事件簿... プロジェクト始動…? >>