3000系最後の8連。

つづけて更新します。よく料理なんかで「つくりおき」というワードがありますが、ここの場合は「更新おき」でしょうか(笑)

さて、じつは先述の正雀参りの前に宝塚線にも足を延ばしておりました。

お目当てはもちろん3000系3062Fです。

自分は車両の運用やダイヤについてはほぼ全く把握していないので、とりあえず適当に来た電車に乗ってすれ違うor追い抜く車両を確認していく…という極めて原始的な方法を取っています。JRなどの長距離路線ではほぼ不可能なやり方です(笑)

この日は梅田ー雲雀丘花屋敷の普通運用に入っていました。
c0246267_1748685.jpg

京都線と神戸線は利用しますが宝塚線はほとんどスルー状態な自分にとって、3000系にスカートが付いてるとはっきり言ってすんごい違和感がありますwww

最近ものすごい勢いで進む前照灯のLED化も、この編成には当然のように実施されていません。おそらく来る1003Fかな?に置き換えられるのでしょう…

c0246267_1757011.jpg

この3062Fは神戸線だった3054Fと違い、中間のT車に2090系(運転台撤去車)が編入されています。しかも2両も!模型的には最高ですw

c0246267_188227.jpg

そして4連+4連の挟まれた先頭車同士も表示幕改造を受けていない、きれいな原型顔なのです。こんな感じの編成、というか3000系自体が宝塚線にゴロゴロいたように思えていたのに…

2300系と同じく、こちらも新型にバトンタッチするまで元気に走ってもらいたいものです。なんだかこう書いていると、今年の鉄コレが3000系表示幕車なんじゃないか…という錯覚がw

それでは、また次回。
[PR]
by junkyu2301 | 2014-04-26 18:13 | 阪急3000系
<< 収納も考えないと! ついに… >>