阪神5001系に手入れする その② 台車の集電

こんばんは。みなさまゴールデンウィークはどのように過ごされましたか?
私は家族といろいろ出かけ、せっかく取った免許で少し車を運転し、そのヘタさに家族を驚愕させたりしておりましたw

さて、連休前から工場長の脳内は鉄コレのライト点灯化のことでいっぱいでした(笑)
他社様のブログ等を拝見したりしましたが、「製品の台車を生かして集電機構を取り付ける」といった高い工夫と技術力を駆使した内容がほとんどでありました。

本当なら自分もいろいろと各種集電パーツをかきあつめて試行錯誤…といきたいところでしたが、ガチで金欠のため(野口1名様プラスアルファ程度w)、ちょこちょこといろんなものを買っている余裕がなく、かといってこの暇な時間で何かしたい!

いろいろと周りにあったものを漁っていると、Bトレ走行用T台車がありまして。
こいつにはなんでか集電機構が付いており、こりゃ使えるんじゃないか!?ということで…

c0246267_21032177.jpg
うん、サイズも車軸間距離もピッタリです!台車レリーフを貼りつけたら足回りはOKになるでしょう!
…なんかあっけなかったですが、1000円ちょいで3両分6個の集電台車が手に入るという手軽さにグッときましたのでこれでいきます(;'∀')

あとはBトレの床板を真似て、集電板が可動する範囲に対しての”逃げ”の部分をつくります。
c0246267_21123427.jpg
ケガいたところにピンバイスで穴を複数開けて、ナイフで整形したら完成です。
あとは車体側集電とオモリを兼ねた真鍮板を…ふところが温まった時に…(泣)
c0246267_21203451.jpg
ついでに車内モールドも加工しました。運転台撤去車の室内は阪急のそれと違い、完全なふつうの座席になっています。
鉄コレでは先頭車と同じである運転席のモールドが入った物が使用されていましたので、動力化で不要となる1枚を切り継いで中間車用の室内を作りました。
長文になりましたが、単に切っただけです(笑)

いよいよ電子工作に入りますね…工場長はやったことがありません。そしてオームとかアンペアとか、そこらへんの知識は皆無です(爆)
現時点ではホンマに「LEDと抵抗器?を正しい向きでつなげればいいんやろ」といった程度にしか考えておりません。
いばらの道が待ち受けているのでしょうか?w

あ、あとこのBトレT台車ですが、どうやら「T台車・改」が発売されるみたいですね。Bトレとしては不要なこの集電機構が廃止されるのだとしたら、現行品を買い占めておく必要がありそうですね…どないしよう(^^;

そしてBトレでまさかの阪急8200系がリリースされるという噂もありますし…これは京阪6000系の余った先頭車から作ろうとしていたので…正直、つくらずに放置しといて良かったと胸をなでおろしています。めんどくさがっててよかった(←おぃ

…なんかすごい長文になってしまいましたね(滝汗)
この阪神5001系は「買ったばかりで放置している鉄コレ阪急などの”本命”に生かすノウハウ積み立て用」としての実験的な意味合いがありますので、がんばって今年の夏ごろ落成を目指します!

では、また次回に!



[PR]
by junkyu2301 | 2014-05-06 21:35 | 鉄コレ阪神5001系加工記
<< 阪神5001系に手入れする そ... 貸しレで鉄オタ交流と、阪急23... >>