阪急3000系から2300系へ!

こんにちは。昨日に引き続きすごい大雨です。避難準備なんちゃらの緊急メールが携帯から鳴り響いてびっくりしました(;'∀')

こちらも昨日に引き続いて阪急3000系のBトレを組み立てていきます^^
パンタ屋根を利用して2300系冷改後をつくる、という試みでしたが、はっきり言って加工もクソもあらへん一瞬で終わる作業ですw

やることは以前の阪急6000系と全く同じ「屋根の前面側を少しだけ削る」だけですので、ホンマに誰だってあっという間にできてしまいます(・ω・)b
c0246267_13181500.jpg
これでコレクションが1つ増えました!
車体はかつて発売された2300系非冷房を、クーラー屋根は余剰パーツのストックから使用しました。ツヤなしのカスカスな色合いですが、逆にボロい雰囲気がでていいかも…と思っています(笑)
c0246267_13252637.jpg
肝心のパンタ屋根ですが最初はかなり思いっきりニッパーでランボードぎりぎりまで切断し、そこから紙やすりで微調整、さいごに角を軽く取って完成です。
c0246267_13352004.jpg
ボケました!2両目が脱線しています!もうぐちゃぐちゃですが勘弁してくださいorz

車番は2323Fにしました。ファンの間ではフサフサとかフミフミとか呼ばれていましたね(笑)

鉄コレ2300系の付属シールを用いています。
行先は普通の 桂ー嵐山 ですが、↑の写真の反対側に貼るべき鏡写しの 嵐山ー桂 の幕がありません。いじるほどではないと思いまして、気にせずそのまま使っています。ちなみに今回発売の3000系のシールでは伊丹線、今津線ともにそこが作り分けされていて感動しました…Nとかにも使えるのではないでしょうか。


はやくこいつらもN化しなくては…それでは、また次回に。




[PR]
by junkyu2301 | 2014-08-10 13:46 | Bトレずぼらお手軽加工(笑)
<< 阪急5306Fをつくる その① Bトレ阪急3000系を作ってみました >>