鉄コレ阪急新1000系をいじるその①

こんにちは。昨日ですね、某大学の学園祭に行ってまいりまして。何ともうらやましいことにそこには鉄研があるのですが、教室に入ると当然のようにNゲージが走り回っておりまして…(すみません、画像はありませんm(‐‐)m )

加工されたGMや鉄コレの阪急Nゲージが大量に!しかもその中には新1000系の姿も!元気に走り回っているマルーンを見ていると工作意欲がムラムラと湧いてきまして、帰宅してからすぐ加工の続きをやりはじめました(笑)
c0246267_14245500.jpg
前回はざっくりでしたので少し細かく解説をします。斬ってヤスリで整えた切断面に接着剤を塗布。扉のキワどい部分ははみ出さないよう、逆に側面になる部分(肩・裾)はムニュっとなるよう多めで接着していきます。

要は板キットや他のプラモデル全般と同じやり方ですが、扉だけ汚くしないように注意して…という感じです。
そして車体裏からは流し込みタイプをしっかりサラサラと。よく乾燥させたら乱れた接合面を削って平滑にしていきます。裏もガラスパーツがハマるので念入りにデザインナイフで処理していきます。
c0246267_14251512.jpg
さっき撮ったのでいつものように適当な写真ですが、接合面上側、肩部分のヤスリを終えたところです。指で触って引っかからないようになるまで、また変に凹まないようにも気を付けて…

段差があるようなら接着剤を盛るようにチョンとつけて、また乾燥→削り を繰り返します…
c0246267_14252939.jpg
作業していて気付いたのが「窓の水切りモールドが先頭車はなく、中間車にはある」ということです…なんでこんなことに…
塗りなおさない2編成はこのままにしますが、せっかく再塗装するこの1編成は何かしらやってみようかなぁと思います。記事を書く前に調べたんですが、このことはすでに他サイトでも言われてますね。みなさん気付くの早くてビックリですw

5306Fは塗装目前、運転台撤去車はひたすらヤスリがけ、この1000系もヤスってくっつけるだけ…しばらく紙やすり作業しか続かないという事実(笑)

車体だけいじっていてもアレですし、床下機器とかも進めたいと考えています。ヤル気を継続させられるように自分でも作る手順を工夫してみます(笑)

それでは、また次回に。











[PR]
by junkyu2301 | 2014-11-04 14:50 | 阪急新1000/1300系
<< こっちの方も…! EH10のお掃除に行きまして。 >>