阪急5306Fをつくる その②

こんにちは。ここ数週間ほどスケジュールがすこしタイトでPCに触れる機会がありませんでした…申し訳ありません。

何日か前に友人と忘年会をすることになりまして。せっかく鉄道模型を通じて知り合ったので、ただの飲み会ではなくNゲージを走らせる忘年会にしよう!ということになったのですが
当然5306Fの進行具合について指摘されたわけですよ話の流れ的に(笑)
夏に箱にしてから塗装についていろいろ考えていて、その先は?もう下回りくらいで完成とか?という質問に対して…
c0246267_13591133.jpg
えぇ未だにこのザマですよ!
ここからおよそ2週間で完成までこぎつける、という工場長からすれば前代未聞の突貫工事がスタートしました(血涙)

時間と金銭面などのアレがあるため「とりあえず走るようにして、細かい加工は走行会のあとにやり直す」という勝手なハードル下げを行い(爆)、

・屋根の手スリはオミット(Mcのパイピングぐらいはがんばろっかな…)
・ライト点灯化もまたこんど←殴
・床下機器もそれらしく、ということで
・窓ガラスのはめ込み化も断念、とりあえずキット付属のセルで…

という何ともお恥ずかしい展開に…(‘~`;)
ち、ちゃんと来年には手を入れて真の完成に持っていきますよ!だってライト用に穴も開けてますし(滝汗)
c0246267_13594434.jpg
c0246267_13594969.jpg
Mcの屋根だけはそれらしく作ろうと決意してちまちま作業をやりはじめました。エコノミー付属のパンタ台を写真のようにカットしたり削ったりして5300系らしくなるように。
c0246267_14000376.jpg
クーラーは両面テープで仮置きです。
画像検索やサイドビュー阪急の5100系(←京都線Vol.2は無いんです)、あとキットの説明書などを見ながらパンタ台を固定し、ドリルでパンタと列車無線アンテナ用の穴を開口。パイピングに移ります。
c0246267_13595539.jpg
いまから真鍮パイプを買ってきます!というところで次回に続くのですが、友人からやる気をなくすようなアドバイスが。
「5300の屋根はパンタ車用のものを切り継いでやらないと、そのパンタ台パーツはサイズがちっさいから使えへんで」
俺 ……(白目)

ということらしいので屋根も床下機器もテープ固定にして、いつでも取り替えられるようにしておこうと思います(泣)


思い返せば昔っから、夏休みの宿題などは当たり前のように休み終盤に死にかけながらやるタイプでした(現在の大学の課題も)。趣味にも期限をつけたらちゃんと完成までもっていけるんかもなぁ…とドリルで穴を開けながら後悔してましたw


それではまた次回に。ちなみに昨日は雨で塗装できませんでした。これマジで間に合うんか…orz





[PR]
by junkyu2301 | 2014-12-12 14:31 | 阪急5306F製作記
<< 遅すぎる更新と謹賀新年 鉄コレ阪急新1000系をいじる... >>