<   2013年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

不幸の連続。

…みなさんこんばんは…おひさしぶりです…

いきなりですが、デジカメが死にました…

昨日の飲み会ではメガネと腕時計が消えました…
(※後に両方とも所在判明)

記憶がぶっ飛んでいます…頭いたい…

みんな飲み過ぎには気を付けようぜ…


そして、京阪の鉄コレは3000系だそうですね!少し前にBトレも再販していましたし、あの勇退への入れ込みようからもしかしたら、と思っていましたがまさかホンマに出すとは(笑)

マイクロエースさんが何タイプか製品化してたような気がするんですが、まぁおかまいなしといったところでしょーか。
1セット3両編成、2セット購入で3+3の6連が組めますね。
3セット購入で3+4の定番7連と、余りの先頭2両をいじくりまわしたら地鉄譲渡版が作れそう…というか後々に富山地鉄版とか出してきそうですねw

私は見送ります。阪急2300だけに狙いを定めました…(・ω・´)ヾ

しかし…しかし視界に阪神がちらついてしまって…くぅ…(笑)

去年の武庫川線7861は「大学の行事で武庫川に行き、よく見かけるし、短い2連だから」という言い訳で買っただけで…乗ったから、だけで自分のポリシーを崩すのは…でも4連で手軽だしなぁ…(・ω・;)ソワソワ

阪神は色とりどりの電車たちがひっきりなしにやってくるので見ていて全然飽きないです!各停のハンパない加速も楽しいですし!

毎日マルーンばかり見ていると、オレンジやブルーが新鮮すぎて…www

しかも近鉄車まで乗り込んできますからねぇ…阪急一途なはずの工場長、この浮気、やめられそうにありません(爆)


あ、Bトレ近鉄30000系と12200系、予約してしまいました!南無三!w

では、また次回!
[PR]
by junkyu2301 | 2013-09-23 21:22 | 京阪

ついに鬼門の…妻面(^ω^♯) その①

さらにさらに続けます。

さぁ阪急が好きな皆様、ともに地獄の蓋をオープンしようやありませんかオゥイェ‼
と意気込んだ矢先…

(^ω^♯)ブチブチ

なぜキレているのか。

妻面の資料(地道に調べたやつ)を紛失したからだよ‼‼

あぁ~あああぁ~っあああぁぁぁ(号泣)

中学生のころから、大阪側から京都方にかけて歩き抜いて、妻板と床板を調べていたのに…今は亡き2323F本線時代のとかあったのに…ついでに3054F8連のもどこかへ…さては掃除で捨てたか?捨てちまったのか!!?

でも書けるだけ書きます。グスン。
何を隠そう2300系は妻板が肝なんだよ、とツウじみた変態発言をかまします。

2300系の妻面には5種類あります。私は勝手にアルファベットつけて記録してました。

1、登場時のまま。(A)
2、狭めるアダプター取付け&車内から見て連結面も狭くした(B)
3、アダプター取付けただけ。(C)
4、ドア設置。ドア窓は小さく3300系のようなもの。(D)
5、ドア設置。ドア窓は大きく8000系のようなもの。(E)

※DとEは右開きか左開きかで、実質7種類あります。
↑について、私は「ドアノブを閉めた状態で(車外から見て)どっちについているか(模型にすることを前提に記録していた)」で調査していましたから、「ノブが右についている=左に開く」というところを混乱しないようにご注意ください。


です。ここで重要な規則性がありまして、

①妻面Aは絶対A-Aで連結されている。風通し最高!
②その他の連結面は必ずどちらかの妻面にドアが設置(DかE)されている
③編入されていた2800系はドアがあった=そいつと面していた妻面は確実にBかC
④同じ理屈で先頭車or運転台撤去車と面していた妻面もBかC(とD?)
⑤あと床板も赤茶色の未更新タイプときれいに更新された2種類が存在
となります。以上を踏まえて紐解いていくと…(あと記憶を辿ってw)

例) D左…ドア窓小・ノブ左

4連の2301、03、09F(3本とも同じ形態です)について

2301C-D左2351o-o2302C-D左2352

床板はすべて 未

です。お分かりいただけたでしょうか?こんな感じで続けていこうと思うのですが…まぁがんばります(^^)ノシ

では、また次回!
[PR]
by junkyu2301 | 2013-09-14 02:43 | 阪急2300系

好評につき第2弾!2300系編成表(ちょっと前の)

続けて更新します。眼が冴えているので(笑)

突然ですが、閲覧者数、ちゅうのを見ていたら前回の2300系編成表が圧倒的に見られていたので、これはご期待に添わなければ…とこちらも燃えてきました(笑)

個人的には末期の2300系に思い入れがあるためそれ以前の編成は無視してきましたが、よくよく考えてみたら、6連とか結構低コストで組めそうやないですか!

というわけで、末期時代から逆に2300系の編成組み換えを追ってみます。

1997年10月

←大阪・梅田         京都・河原町→

これは最末期の編成表とほぼ同じ。2307F、2311Fは6連、2319F、2323Fが7連だった他は相違なさそうなので省略。2311Fって、7連から6連になっちゃってたんですね…へぇー…


1990年2月

2311-2331-2884-2361o-o2312-2332-2362

2305-2378c-o2328-o2306-2885-2356

2307-2377o-c2327-2357o-o2308-2358

以外は末期と変わらず。どうやら2305、07、11Fあたりがキーポイントのようです。
2800系の編入でグダグダしているのが分かります。


1989年5月

6連

2301-2351o-o2302-2352c-o2304-2354

2303-2353o-c2309-2359o-o2310-2360

2305-2378c-o2328-2355o-o2306-2356

2307-2377c-o2327-2357o-o2308-2358

7連

2311-2331-2884-2361o-o2320-2340-2370

2321-2341-2391-2371o-o2312-2332-2362

2323-2343-2393-2373o-o2314-2334-2364

2315-2335-2885-2365o-c2316-2336-2366

2325-2345-2395-2375o-c2318-2338-2368

この頃はまだ4連が存在せず、嵐山線には1300系がいたようです…


これ以降は今のところ、ちょっとよく分かりません。 あ、2306と2308は大阪向いてますがパンタ無しです。改めて。


では、また次回。
[PR]
by junkyu2301 | 2013-09-14 01:47 | 阪急2300系

昨日の続き。

みなさんこんばんは。昨日の続きで、Bトレ阪急6000系をお送りします。
加工内容は、ただ削るだけ。それだけです。えぇ。

c0246267_034248.jpg


こうなりました!
参考までに、左は製品そのままの8000系、中央が製作中の6007F、右が6001Fミュージアム号です。

どちらも中間パンタ車の屋根を400番の紙ヤスリで少し削ってハメただけというお手軽加工。側面とのダボ穴とも寸分の狂いなく何事もなかったようにガッチリハマりますから接着とかの必要ナシ!まさにBトレの売りであるスナップ組み立てを損なうことなく作ることができます(笑)

今回発売された7000系更新車の新製クーラー屋根と、従来の屋根では削り込む長さが大きく違います。従来屋根はパンタ台ギリギリまで削ることになるので要注意。現物合わせで様子を見ながらヤスりましょう!

いやー、個人的にはやっぱ劇的に違うく見えますけど、あまり阪急を知らない人には分からないかもですね(^^;)
パンタが前ギリギリまで迫ってるのがめっちゃカッコいいんです。これだけでめっちゃ自己満足してますからwww

c0246267_0344042.jpg


調子に乗って、6007Fの3両目に入る暫定T車のパンタ撤去屋根について、もっと手軽に穴を埋めれないか模索していました。まず最初に考えたのが、Bトレのおもちゃパンタの取り付け突起をそのまま突っ込んでしまおうという作戦。これなら穴の直径とピッタリやから楽勝…と思いきや、屋根には穴が4つ…

あとは切り出した後のランナーを熱して伸ばして突っ込んでみましたが、やっぱりこのままでは埋めたことがバレバレですね…もう諦めた!ふつうにパテねじ込んでパンタ台だけ部分塗装することにします!

あと、更新車は12箱購入、7007or8Fと6007Fを作って、T車屋根が3枚余ります。
ということは先頭車とパンタ車を合わせて、クーラーだけ更新した6連が作れるな…そんな都合の良い編成あったかな…と、、、

ありました。神戸線所属の7014Fです。6連で、最近は嵐山の直通特急にも使用されています。普段は8032‐8152の2両をくっつけて運用されていますが、かつて発売のBトレ8000系には相方8032のシールが収録されていました!これはもう作るしかない!天からのお告げですね!

というわけで、一番上の写真の左は8032ですwwwあとは6000系買ってきますwww


あぁ、大阪市交60系、さらにさらに発売延期になったみたいですね…延期を喜ぶとはイケないことでしょうが、阪急2300の前では知ったこっちゃねぇや!純粋にありがたいわwww

まぁこないだのロケット打ち上げも延期しましたし、いいんじゃないですかマイクロさん(意味不明)?


では、また次回。
[PR]
by junkyu2301 | 2013-09-14 01:04 | 阪急6000系

この状況でBトレ6000系(笑)

いやはや、巷では2020年の東京オリンピックと同レベルかそれ以上に阪急2300系の鉄コレで盛り上がって…るのは俺だけ…ですかね?www

妻面は写真が撮れないです! 昼間とかでも絶対ヒトが映り込んでしまって…うぅ…

なのでまぁBトレの話でもしましょうか、と。

実にひっそりと発売されるBトレ6000系…あれ、もう売られてたりするんですか?
鉄コレ2300最優先なのでよくわからないです(爆)

まぁ買うといっても、10月26日以降のはなしですから(笑)

それで、ようやく最近になって一息つける時間が出てきまして…午前中とか、夜とか。今までは帰宅してすぐ気絶するように寝垂れる日々でしかたら…っと、本題に入りましょうw

阪急6000系。Bトレや模型となると、7000系や他系列との外観上の違いは、まず先頭車のアンテナでしょう。これは以前にコメントでご指摘いただきました(改めまして、ホンマにありがとうございます!)。

ぶっちゃけ、Bトレではスルーされる方がほとんどやと思います。自分もそうでした。

しかし。21歳になったことですし、「一つ上のオトコ Bトレ」を目指すには避けて通れないところ。

…あ、↑の「一つ上の~」は誕生日の抱負ですw

しかし改造コストは抑えたい。N化は置いといて、ボディに1両1000円以上かけたくない、というポリシーもありますので(笑)、もう中間パンタ車の屋根を削って使えばいいんじゃないか…という結論になりました。

これが。予想以上にGood!いやー、削るだけでこんなにも見違えるなんて!

(※カメラの用意ができそうなので、次回には画像を載せますね!)


以前製作した6001Fミュージアム号と、今回製作の6007Fにさっそく採用しました。ヤバイです、これ。

削るだけですので、みなさんも是非やってみてください!
って、もうしてるかもですよね(^^;

現在は暫定T車のパンタ取り付け穴をいかにお手軽に埋めれるか、模索中です…

なるべく低コストにプチ加工で一捻り、っちゅうのが私junkyuのBトレポリシーです!w

ではまた次回。
[PR]
by junkyu2301 | 2013-09-12 22:53 | 阪急6000系

ついに。

みなさまこんばんは。

ついに…ついに、とうとう、本日、21歳でございます。

そんなに生きてきたのか…俺。笑。

・2800系3扉の快速に乗ったのはたしか幼稚園。変な窓割りが強烈に印象深く残って…もしかしたらただの2305Fだったかも(汗)

・大阪市交60系の中間に入った元先頭車でひゃあひゃあ言ってたのは小学生。正雀で洗車体験をして2307Fに最後に乗ったのも小学生。

・Bトレインなるものが発売されはじめて気が付いたらプラレールから卒業して部屋を占拠しはじめられていたのは中学生。

・食費を削って鉄コレとBトレを鬼神のごとく買い漁りはじめたのは高校生。

・買い逃した&買い足したかったBトレを中古ショップに足しげく通ってモノにしはじめたのは予備校生。

・バイトを始めてついにめちゃくちゃになってるのは今。

ったく、なんて人生でしょうかwww 改めて自分の部屋を見回して、おびただしい数のBトレ、鉄コレ、Nゲージ(これはちょっとですがw)。呆れてしまいます。


しかし。「趣味がある」ことの素晴らしさ!この一言に尽きますね!


これからも私junkyuとこのブログをどうぞよろしくお願いたしますm(--)m
[PR]
by junkyu2301 | 2013-09-03 20:54 | その他もろもろ